経済的な葬儀プラン|家族葬で落ち着いたお葬式を執り行う

お葬式の相場費用と内訳

葬儀

両親が高齢になられた方はお葬式について考える機会が増えてくるかと思います。お葬式について考える際には最初にお葬式に掛かる葬儀費用についても考えてしまうものでしょう。実際、お葬式に掛かる葬儀費用は高額といわれています。そのため、事前にその相場費用を把握しておくことで前もって資金計画を立てておくことができるでしょう。
お葬式を執り行う際に掛かる葬儀費用は大きく分けることができ、葬儀社に支払うための葬儀費用として葬儀本体費用、お葬式の参列者の接待などに掛かる実費費用、寺院やお布施等に掛かるその他費用の3つに分かれます。葬儀本体費用の相場は一般的なお葬式を行う場合だと約128万円といわれており、その内訳としてご遺体の搬送、通夜、葬儀式、火葬、骨上げ、その他といったものとなります。次に実費費用ですが、実費費用相場は約46万円とされています。実費費用の内訳は参列者を接待するための料理や飲物、返礼品となり、参列者の数やお葬式の内容により大きく費用が変わることが有ります。最後にその他費用です。その他費用の相場は約52万円とされ、寺院や読経料、戒名、お布施といったものが内訳の内容となります。この費用に関してもその寺院によって費用は変動します。読経や戒名を必要としない場合にはその他費用は掛からないでしょう。こういった相場費用を元に事前に資金計画を立てておくことで突然お葬式をあげることになっても資金面に関して焦ることはないでしょう。また、これらは一般的なお葬式を執り行う際の費用で、家族葬や直葬を行った際にはまた費用が変わってくるので興味がある場合には葬儀社の方に質問してみると丁寧に教えてくれます。